型採りの大切さ - 診療案内 | オーク歯科医院

型採りの大切さ

型採りの大切さ

補綴物(詰め物、かぶせ物 etc)を製作するために削った歯の状態を、型採りするわけですが、正確な型採りが出来ていないと、フィットの良い補綴物を製作することは出来ません。

当院ではこの型採りを特に大切に考えており、その為に以下の点に注意しています。

  1. まずは歯を正確に削ること。過不足なくきれいに、ていねいにです。削ったラインがはっきり、スムーズになるように仕上げます。
  2. 削ったラインが歯肉との境目や、歯肉の下に及んだ場合は、歯と歯肉の間に細い糸を挿入し、歯と歯肉にわずかな隙間を作り、そこに型を採る印象材料を流し込みます。なるべく精密で細かいところまで再現できるシリコン印象材を使用します。
  3. 歯肉が引き締まったいい状態でないときれいな型採りは望めません。フィットの良い仮歯を入れて歯肉がよくなるまで、しばらく待った後、型採りをします。
  4. 型採りが悪く、製作した補綴物(詰め物、かぶせ物 etc)と歯とのフィットが良くない場合は、次のようなことが起こります。

歯とうまくフィットしなかった場合

  1. 歯と補綴物の合わせ目に歯垢が溜まり、虫歯、歯周病になります。
  2. 合わせ目から接着剤が溶け出し、反対に唾液が浸み込んでいきます。そうなると、虫歯ができたり、
    補綴物が脱落します。
  3. プラークコントロール(歯ブラシによる歯垢除去)が充分に出来なく、デンタルクロスもひっかかり切れる。
  4. 前歯などにセラミックを装着した歯においては審美的に悪くなります。
  • 歯とセラミックの合わせ目が目立つ
  • 歯肉が後退しやすく更に合わせ目が目立ってくる
  • 歯肉が腫れぼったく、引き締まってない
  • 歯肉が後退することで、歯と歯の隙間が目立ってくる

※セラミックの補綴物のクオリティーが高くても歯肉が良い状態でないと、全体として決してきれいに
見えないものです。