根管治療の大切さ - 診療案内 | オーク歯科医院

根管治療の大切さ

レントゲン01

レントゲン02

根管治療とは、歯の神経を取る「抜髄」や、細菌感染した根っこの中をきれいにする「感染根管治療」などのことです。深い虫歯などで歯の神経を取ったあと、神経が入っていた根管をきれいにして、根の先まで薬を入れる処置です。

根管治療の不備により、根の先端に膿の袋(根尖病巣)ができてしまっているケースを日常良く見かけます。特に奥歯の根管治療は難易度が高く、奥歯の根管治療は殆どが不充分であるのが実情です。何故このようなことになるのかというと、根管治療は見えない所であり、手を抜きやすく、すぐには症状が出ないことが多いということ、また充分な根管治療を施すには、じっくりと時間をかける必要があるにもかかわらず、それほどの時間を根管治療に割いていないからです。しかしながら根管治療は全ての治療の基礎であり最も大切な治療といっても過言ではありません。
いくら見た目が綺麗なセラミックスクラウンが装着されていたとしても、砂上の楼閣となってしまいます。

根の先端に出来てしまった膿の袋も、ていねいな再根管治療により治癒するケースがほとんどですが、膿の袋が大きかったり、経過が長いと良くならないケースも多々あります。やはり何といっても「最初の治療が一番大事」ということなのです。
また膿の袋が出来てしまっている歯は、根が割れやすく、もしそうなった場合直ちには症状に表れなくても、近い将来歯を抜かざるをえなくなります。このパターンで歯を失うケースは非常に多いのです。
膿の袋が出来ているだけで、再根管治療をすることなく抜歯されるケースも少なくないと思います。
不十分な根管治療 → 根尖病巣 → 根の破折 → 抜歯という流れはまさしく医原性の疾患と云えると思います。

オーク歯科では根管治療を決して手を抜くことなく、じっくりと時間をかけていねいに行っております。ご安心下さい。実際、私が日常行っている根管治療の殆どは再根管治療です。
ちなみに不充分な根管治療がされているケースにおいては、合わせ目に歯垢が溜まり、その上にかぶせてある冠もフィットが悪く、合わせ目に歯垢残り、虫歯が出来ていたり歯肉炎を起こしていたりしているものです。

「一事が万事」ということです。