コロナウイルスに関する当院の取り組みについて

  • HOME
  • ブログ
  • コロナウイルスに関する当院の取り組みについて

【コロナウイルスに関する当院の取り組み】
①次亜塩素酸水噴霧器による空間除菌
②待合室、診療室の換気
③患者様毎の診察台及び周辺のアルコール清拭
④余裕を持たせたアポイント
⑤ハンドピースの患者様毎の滅菌
⑥診療前の希釈消毒薬によるうがいのお願い
⑦室内ドアノブなどのアルコール清拭
⑧各種器具の滅菌、消毒の徹底

【患者様へのお願い】
①発熱がある
②咳が出てる
③体調が優れない
①〜③の方は受診をお控え下さいませ。

④コロナ感染症に対してリスクとなる基礎疾患をお持ちの方
⑤免疫力が下がっている方
⑥妊娠されている方
④〜⑥の方はご相談下さいませ。

◎こういう時だからこそ、必要な歯科治療を先延ばしすること無く、しっかり食事ができる口腔内環境を整えることが、免疫力を維持するという意味で重要であることは言うまでも有りません。

◎*4月30日 日本歯科医師会より「本日まで歯科治療を通じて患者が新型コロナウイルスに感染した例は1件もない。」との発表がありました。この事から、歯科医院が際立って感染症に罹患するリスクが高いと報じた海外の情報は誤っていた可能性があります。

しかし、日本ではPCR検査数の少なさから、正確な患者数が把握できてない可能性もあります。 つまり、我々歯科医療従事者は今後も油断することなく、国内外の信頼出来る論文を精査して万全の感染対策をして行っていく必要はあると考えております。